バイアグラについて

バイアグラは男性用の性的不能を改善する治療薬として、アメリカのファイザー社が医家向けの薬品として開発しました。

バイアグラは有効成分にシルデナフィルを含み、血流を改善することで勃起を促し、勃起を維持させることで満足の行く性行為を行うための薬として製造されています。

2014年からはジェネリック(後発医薬品)も販売されています。

本来、バイアグラとは「狭心症」の治療薬として研究されており、研究過程でバイアグラには勃起の誘発に有効なはたらきがあることが判明し、その点に着目したファイザー製薬がED治療薬として開発を進めました。

バイアグラは薬価基準未記載のため、保険適用外薬として分類されるため自費診療となります。

そのため保険証の提示も必要がありません。

アメリカでは男性にとって「夢の薬」と人気を得ただけあり、あっという間に日本でも有名になったお薬がバイアグラです。

服用のタイミング

レビトラの服用のタイミングはシチュエーションに応じてかなり自由です。

バイアグラはセックスの1時間前には飲まなければいけませんが、レビトラは性交渉のおよそ10分前から1時間前に服用すれば良いと言われています。

食事の影響

レビトラのメリットはED治療薬の中でも、食事による影響があまりないという。

基本的には何を食べても問題はありませんが、暴飲暴食には注意が必要です。

レビトラとくらべてバイアグラは食事の影響を受けやすく、できるだけ空腹時に飲むのが良いとされています。

作用時間

レビトラは有効時間がバイアグラと比べて長く、バイアグラは効果の持続性が長くて6時間と少し物足りない印象ですが、レビトラなら最長10時間の効き目があると言われている点でも人気のED治療薬です。

ベッドインを楽しむ時間も十分あるので、満足の行くナイトライフを送ることができます。

一度の服用で長い時間を楽しみたい方にはレビトラが効果的といえるでしょう。

また勃起の強さ(硬さ)で比べると、レビトラの20mgはバイアグラ100mgと同じ硬さに相当すると言われています。

副作用

レビトラを服用した際の、頭痛、鼻づまり、動悸などの副作用は一般的なED治療薬の副作用と同様で、どれも一時的な症状ですからまずそれほど心配はありません。

これらの副作用は勃起薬のもつ血管拡張作用に起因するもので、薬の効きめが現れたというしるしでもあります。

バイアグラは、ED治療薬の元祖というだけあってどんな人でもその名前を耳にした事があるでしょう。

しかしながらバイアグラには副作用が多く、副作用の効きも強いという報告もされています。

頭痛、心臓の動悸、鼻詰まりといった副作用の他に、視界が青くなる「青視症(せいししょう)」を発症してしまう場合もあるという報告がされています。

価格

レビトラ20mgの価格は1錠あたりで1,470円です。

ちなみにバイアグラ100mgの1錠あたりのお値段は1,620円ですので、レビトラはバイアグラに比べると1錠につき150円もお値打ちに購入することができます。

つまり、一日一錠飲んでもバイアグラに比べてレビトラは10錠毎に1錠分得をするという計算になります。

このページの先頭へ