病院・クリニック

一般的にはED治療のための勃起不全治療薬は病院等で処方してもらう方法ですしかし治療薬は処方せん医薬品のため、気軽に薬局で買えるお薬とは違って医師の処方が必要です。

処方が必要なのは、ED治療薬と一緒に服用ができない併用禁忌薬や、病気の既往歴があると深刻な副作用が現れる恐れがあるのが理由です。

ただし、病院で薬を買う場合は自由診療のため健康保険の適用外となっており、診察料や治療費がそれぞれの持ち出しとなってしまいます。

また、処方される場合、勃起不全治療薬のお値段が1錠につき1,500円ほどするものもあり、割高に感じ不満を持つ方も多いようです。

個人輸入業者

日本では処方箋医薬品となるため、ED治療薬を購入する際は病院やクリニック以外で買うことが出来ません。

しかしながらこれはあくまでも日本国内で適用される法律であるため、海外からの輸入でしたら問題ありません。

しかし海外のサイトから個人で輸入をすることを考えると、言語の壁や買い物の際の慣習の違いからトラブルが発生してしまうこともあります。

海外から薬を買うことを考えている方は、個人輸入の代行業者を使ってお薬をご購入されることを推奨いたします。

個人輸入代行とは、海外とのやり取りを代わりに行ってくれるサービスです。

ただし個人輸入代行業者を利用する場合は注意が必要です。

「お薬は必ず個人で使用する」「購入できる薬の量は1ヶ月分まで」といった点を遵守しなければ法律違反になってしまう場合も多々あります。

他にも、インターネットを介しての取引は偽造品の可能性もありますので、少しずつ購入しながら安心できるサイトを見つけていくことをおすすめします。

病院or個人輸入業者

日本で購入するためには、病院での処方か、薬の個人輸入代行業者を使ってインターネット通販で購入するかの方法があります。

初めて購入される方はまずは病院で処方してもらいましょう。

特に高齢の方や持病のある方は、服用しても良いかどうかを調べるためにも病院で一度受診することをおすすめします。

診察の時間もそれほど長くはありません。

ただし、病院で処方してもらうED治療薬は安くなく、量も少ないということは事前に知っておいた方が良いでしょう。

病院に何度も通院し処方してもらうのは金銭面でも余裕がなくなってしまいますので、病院で診てもらった後は個人輸入で薬を買うのも一つの方法です。

勃起不全改善で有名なバイアグラに関しては、日本では50mgまでのみが認可されています。

しかし海外では100mgも購入可能です。

バイアグラ50mgもバイアグラ100mgも価格はさほど変わりません。

海外からの個人輸入を利用する人のほとんどはピルカッターなどで錠剤を割って服用し、費用を抑える方法も活用しています。

このページの先頭へ