ED治療薬の有効性

79%以上と言われているED 治療薬の効果。

この数字は重度の患者さんも含めた数字になるので、中程度の患者さんの服用して治療できたというデータによると95%以上の患者さんが改善することができたという驚きのデータがでています。

治療薬は多くの EDに悩む男性を治療しており、個人差はありますが、服用する事で30代、40代の方は昔の元気を取り戻した時のような効果を発揮するとも言われています。

ただし、ED治療薬の服用のタイミングは非常に重要で、完全な空腹時に服用することがベストとされています。

つまり、服用方法を守らず服用してしまうと、効果が一気に下がってしまい服用した意味がなくなってしまうので注意しましょう。

ED治療薬は服用方法さえしっかり守ることができれば高い有効性を持った、非常に優れたお薬です。

ED治療薬の安全性

心臓への過度な負担や、一度服用したら麻薬のように止められないや、飲んでしまうと1日勃起が続くなど、言われることもあるED治療薬ですが、こういった情報はインターネットなどで書かれているまったく根拠のないデマです。

レビトラのような治療薬は、体の血液の流れを良くして、ペニスに血液が集まりやすくするだけのお薬なので、中毒症状になるような要素はどこにもありません。

また、中毒性の報告はなく、レビトラが作用している間も興奮や性的刺激がなければ普通の生活に支障が出ることはありません。

ただし、薬作用している4~6時間の効いている間に性的な刺激があると驚くほどの効果を発揮して勃起が収まらないことがあるので頭の片隅に置いといてください。

治療薬を服用してペニスの血流がよくなると、心臓などへの負担を心配する人もネットなどでちらほら見かけますが、基本的にED治療薬を服用して性行為をしても、軽くダッシュをするのと同じ位の負荷なので、通勤などで満員電車に乗っているなどしている人では、なにも問題はないでしょう。

このページの先頭へ