シアリスについて

5mg・10mg・20mgと3種類の規格があるシアリスは、日本イーライリリー株式会社から販売されている勃起不全改善に有効なED治療薬です。

バイアグラやレビトラと同じく薬価基準未記載薬として分けられているので、診察科から処方科までどの医療機関で診てもらっても保険の適用外のお薬なので、処方を受けるための保険証の提示が不要なのです。

他のバイアグラ・レビとらといったED治療薬とは違い、効き目が服用後36時間まで有効であることが認められています。

また、食事の影響を受けにくいというメリットもあります。

有効時間が長く、金曜の夜にシアリスを飲めばなんと日曜のお昼まで作用すると言われていることから「ウィークエンドピル」と親しまれています。

シアリスは発売依頼、100以上の国で1千万人以上の人に使われています。

2013年夏にはED治療に効くPDE5阻害薬として、シアリスが全世界シェア42%となり世界市場で1位を獲得したことが発表されています。

作用時間

シアリスの作用時間については、30〜36時間と、他のED治療薬に比べて最も長い時間にわたり薬の効き目が現れることで有名です。

作用時間の長さでは他のどのED治療薬よりもシアリスに軍配が上がります。

しかしながら作用時間が「長ければ良い」ということではありません。

30時間以上勃起が続く状態では困る方にとってはレビトラが良いと言われています。

レビトラの効き目は20mgで最長10時間ほどといいます。

1晩で十分な勃起の持続が得られるのです。

なおレビトラ10mgは5時間程度作用しますので、休みながら使う人も多いようです。

シアリスに比べて長すぎず、短すぎない「程よい」持続が勃起薬・レビトラです。

勃起の硬さ・即効性

勃起の強さ(硬さ)を比較すればレビトラ20mgが最強という声も多いです。

効き目が長いシアリスは勃起時の陰茎の硬さも少々弱めといわれており、勃起硬度で選ぶならレビトラを愛用する人もたくさんいます。

性行為時、挿入の前に萎えてしまうという人はレビトラ20mgを服用すると良いでしょう。

服用のタイミングに関しても、シアリスはベッドインから逆算して3時間前には服用することがおすすめされています。

さらに「3時間後にはベッドインしないといけない」というプレッシャーがあり、ベッドインまでの予定が立てづらいというデメリットもあります。

一方、レビトラはセックスの1時間前に服用すれば良く、早い方は10分ほどで効いてきます。

そのためベッドイン直前に服用しても十分レビトラの恩恵が得られます。

それまでのデートの予定も立てやすいのではないでしょうか?

レビトラはシアリスと同じく、食事の影響も受けにくいと言われていますので、デート中は食べすぎない限りどんな食事をしても構わないと言われています。

価格

バイアグラジェネリックのレビトラとシアリスの価格をある一つのサイトで比べるのは比べるのはレビトラ20mgとシアリス20mgの1錠あたりのお値段です。

シアリスは20mgで1上に付き2,120円ですが、レビトラは20mgで1錠あたりの計算で1,470円となっています。

レビトラはシアリスに比べ1錠あたり650円もお得に買うことができます。

このページの先頭へ